電気の小売りが始まって、私たち電気の消費者が自由に電気の購入先を選べるようになりました。

電気を供給する立場になって考えると、他の電力会社にお客さんを奪われたくないのでサービス向上に努めることになりました。

 

電気を購入する立場にとっていちばん良いサービスとは電気代を下げてくれることに決まっています。

電力会社もそのことは十分に承知しているので、各電力会社もウチと契約すればこれだけ電気が安くなりますとピーアール合戦を繰り広げています。

 

電力会社は電力料金の安さをアピールしていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

私はなら、安い電力会社と契約すると本当に電力料金は安くなりますと答えます。

事実を述べますが、私の自宅の電気料金は一年の前の同じ時期と比べて約1万円ほど安くなりました。

 

私の家では自宅だけではなく、自宅として併設して小さなお店もあります。

自宅と店舗を合わせると約1万円ほど電力料金が安くなっているのです。

 

私はパソコンで毎月の光熱費などを管理しているのですが、電気の購入先を変更したことによって電力料金が1万円も安くなっていることに正直に言って自分でも驚きました。

世間的には名前の知られていない小さなガスをメインに営業している地元の会社から電気を買っているのですが、電気会社を変更して良かったと思っています。

 

もし、あなたが電気代を今より安く済むようにしたいと思うのであれば、電気の購入先を変更してみることを私はお薦めします。

ネットには電力料金の比較サイトもありますので活用すると良いと思います。