仮想通貨はビットコインの台頭で一躍有名になりました、実はその種類は1000を超えて非常に幅広いものです。

しかし、この中でも将来性を期待できるのはほんの一握りでしょう。

 

そしてその一つがイーサリアムで、昨今になり急速に価値を高めてきた仮想通貨になります。

 

価値が高騰してきている理由に挙げられるのは、仮想通貨としての自由度の高さだとされています。

たとえばビットコインはコインの取り引きだけを記録していく純仮想通貨であり、それぞれの国の通貨と同じように取り引きをする参加者皆がその価値を保証し合っているという仕組みになっています。

 

そのため、特に自国の通貨に不安を抱いている人達の間で広まっていきました。

実際過去10年不正取引をされたような記録もなく、仕組みの安全性の高さも利用者拡大に一役買っています。

 

しかしその代わりに、自由度がある程度制限されてしまうのがデメリットです。

 

一方のイーサリアムは基本的にビットコインと変わらない仕組みで価値と安全性が保たれている仮想通貨ではありますが、さらにそこに取り引き相手との契約という情報が組み込まれている設計です。

 

取り引き所が一括して管理していた情報を、個人間のみの直接やり取りすることが可能で、中間業者を通さずに済むことから素早い契約を実行できるようにしています。

通貨にプラスして契約というやり取りを行えるのです。

 

ビジネスとして交わせる情報が多いことから、使い方次第でかなり便利なものになります。

 

もちろんイーサリアムで交わされた契約は信頼性の高いもので、安全性もしっかり確保されています。

ビットコインでは不可能だったやり取りを可能としているのがイーサリアムです。