最近投資の世界で盛り上がりを見せている仮想通貨の取引。

その一つにライトコインというものがあります。

 

ビットコインなら知っているという人も多いと思いますが、いったいライトコインはビットコインとは何が違うのでしょうか?

今回は仮想通貨の投資に興味のある方向けにライトコインの特徴やメリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

まず、ライトコイン、ひいては仮想通貨の特徴はインターネット上に存在する電子的な通貨であるということです。

また、電子マネーと違って換金できるので、ライトコインを取引することで利益をあげるということも可能となります。

 

仮想通貨として良く知られているビットコインとの違いとしては、流通量や決済スピードが挙げられます。

ビットコインの4倍の量が流通していて、かつ決済もスピーディーに行えるので、より投資に向いた仮想通貨であると言えます。

 

では、ライトコインのメリット・デメリットにはどんなものがあるでしょうか。

メリットとしては、上で説明した流通量や決済スピードの早さの他に将来性や価格変動の大きさなどがあります。

 

将来ビットコインのように何十倍の価値に膨れ上がる可能性もありますし、価格変動も大きいので短期で利益を出すことも可能です。

しかし、その変動の大きさはデメリットになることもあります。

 

数十倍の価値に上昇することもあれば数十分の一の価値に暴落してしまうこともあり得るので、場合によっては大きな損失を生むこともあります。

 

仮想通貨は、ビットコイン・ライトコインの他にイーサリアムやリップルなど多くの種類が存在しています。

それぞれに特徴やメリット・デメリットなどが存在するので、自分の投資スタイルに合った仮想通貨を選択することが大切です。

 

そして、どの仮想通貨にも一定のリスクが存在します。

大きな利益を狙って無理な投資をするととてつもない損失を被ってしまうこともあるので注意が必要です。