今まで電気事業は東京電力など電力会社が独占していたので電力会社と契約して電気を利用する形でしたが、2016年の4月から電力自由化がスタートして電力会社以外の企業も電気事業に参戦する事が出来るようになりました。

そのため一般市民も電力会社以外の企業と契約して電気を利用する事が出来るようになりました。

 

電力自由化の開始によって一般市民が得られるメリットと言えば自分の生活スタイルに合ったプランで契約して電力を利用出来る事です。

既存の電力会社はプランの数が少ないのでなかなか自分の生活スタイルに合わせてプランを選ぶという事が出来ませんでした。

そのため無駄に電気代がかかるという事も出てきてしまいます。

 

しかし新しく電気事業に参戦してきた企業は多様な料金プランが用意されていて単身世帯、2~3人家族の世帯、5人以上の家族の世帯などに分かれています。

そのため自分の生活スタイルに合わせてプランを選べるので無駄に電気代がかかってしまうという事がなくなり節電する事が出来ます。

 

電気事業に参戦してきた企業に大手携帯電話会社のソフトバンクauがあります。

どちらも多様な料金プランが用意されているので自分の生活スタイルに合わせて選ぶ事が出来る他にスマートフォンやインターネット回線をソフトバンクやauと契約しているとセット割引という形でさらに電気代を安くする事が出来ます。

 

そのためスマートフォンやインターネット回線をソフトバンクやauと契約している人は電気も一緒に契約した方が節電出来てお得です。