2016年4月から電力の完全自由化が実施されました。

実は電力自由化は2016年4月に始まったわけではなく、大口の需要にはすでに自由化はされていたのですが、今回はすべての需要に対して自由化が実施されました。

 

電力自由化の完全実施までにすでにテレビコマーシャルやその他のメディアで電力自由化のことは告知されていましたが、一般的な衆知が進んでいたとは言い難い状態であり、まだまだ電力自由化によって電力会社を変更した人は少数にとどまっています。

 

しかし、電力自由化に対してはデメリットよりもメリットが大きいことが多いので、以降は少しずつでも電力会社を変更する人が増えてくると考えられます。

 

電力自由化のデメリットとして考えられるのは、かなり少ない1人暮らしの電力使用者は電気料金が上がる可能性があることくらいで、大多数の電力使用者にメリットがあります。

 

メリットとしてはまずは電気料金が下がるということです。

新しい電力会社によってプランがたくさん用意されていることが多いので、どのくらいの電気料金が下がるかは色々ですが、料金の比較はインターネットを利用すれば簡単にできることが多いので利用することがいいでしょう。

 

色々な新電力会社によって、ガス料金や携帯料金などと組み合わせてお得なプランがありますから、活用できるプランは活用しましょう。

これからも色々なプランが出てくる可能性があるので、電力会社の変更は早いほうがいいですが、焦る必要はありません。