今年の4月から家庭用電力が自由化されました。

今まで家庭用電力は地域独占で、東京なら東京電力、大阪なら関西電力が供給していましたが、どこの電力会社と契約しても良くなりました。

 

こうした規制緩和のおかげで多くのおかげで多くの企業が、電力の供給に参入しています。石油会社やソフトバンクなども電気を供給し始めています。

 

これら新規参入の企業の多くは自社で発電所を持っているわけではなく、他社から大量の電力を仕入れて、小口で販売しています。

しかし、中には自社で発電している会社もあります。

 

例えばエネオスなどは発電所を持っています。従来はこれを東京電力などに販売していましたが、個人のお客にも販売するようになっています。

 

またガス会社も発電所を持っています。ガス会社が所有している発電所は巨大ですので、小口販売にも積極的に参入しています。東京ガス大阪ガスなどで、多くの顧客を獲得しています。

 

こうしたガス会社はガスと電気を同時に契約することによって、割引を受けられるようなプランを設けています。

ですのでキッチンやお風呂がガスという家庭にはガス会社で電力を契約するのがオススメです。

一方、オール電化の家庭は従来の電力会社と電気料金はあまり変わりません。

 

その他にも、電鉄会社も電力を販売しています。例えばその電鉄会社の定期券を持っていれば割引を受けられるようなプランもありますので、気になる人は探してみてください。