電力自由化は電気代が下がるだけではないのです

電力自由化という単語を耳にされた方も多いかもしれません。

今まで利用していた会社以外の電気を契約して利用できるようになるという制度のことです。

 

自由化に伴って雨後の筍のごとく様々な会社が提供をはじめているので、どの会社にしたらよいか判らなくてそのまま今まで通りの所を利用しているという方はもったいないことをしています。

電力自由化は単に電気代だけが安くなるだけではなく、自分のライフスタイルと組み合わせた電気会社を利用すれば、電気代以外も安くなっていくというすごい仕組みなのです。

 

なぜ電気代以外も安くなるかというと新しい電気会社の多くは異業種からの参入です。

そうしたところは他の新規参入組と差別化を図り、さらに電気をフックにして自社サービスを利用してもらうために自社系列の電気サービスを利用すると自社の別サービスも安くするという施策を行っているのです。

 

例えば自家用車をお持ちで給油は近所のENEOSをメインに利用しているという場合、ENEOSカードをお持ちのことが多いと思います。ENEOSカードをお持ちの方がENEOSでんきを利用すると電気料金が安くなるだけでなく、ENEOSでの給油時にENEOSカードのポイントが1000円ごと6ポイントももらえます。

 

今までと同じように電気を使って支払うだけなのに会社を変えただけでポイントが増えてしまうのです。

 

ほかにもソフトバンクのスマホと組み合わせたソフトバンクでんきなど、様々な仕組みが用意されていますので、自分のもっとも利用しているサービスが電気も提供していないか調べてみるところからはじめてはいかがでしょうか。