電力の自由化に伴って、既存の電力会社から新電力に乗りかえて電気料金を安くしたいと考えて居られる方は多いでしょう。

しかし、新電力に乗りかえると停電が増える等の不都合な事が生じないかと言った不安があったり、新電力にはどのような会社が参入していてその特徴がどうかと言った事が分からず、興味はあるものの中々踏み切れないでおられる方が多いのではないでしょうか?!

 

そうした方は、本記事の基礎知識を知った上で、自分の地域の参入企業をネットで調べて絞り込まれるのが良いでしょう。

 

まず、新電力には電気の販売のみを行っている企業と、自社で発電も行っている企業の2タイプが存在します。

このいずれの場合にも、各家庭への送電は従来と変わらず、家庭に送られて来る電気は、既存会社も新電力でも同一であり、停電のリスクも既存の電力会社も新電力も何も変わりません。

 

こうした新電力に対する漠然とした不安で乗り換えを躊躇されているなら、そんな心配をする必要はありません。

 

また、新電力を選択する場合には、電気料金がどこまで安くなるかが最大の関心事でしょうが、各社の電気料金体系が異なるため、どれだけ電気を使用しているかによって電気料金の低減額も異なって来ます。

 

従って、新電力に乗りかえる前に、節電や電気使用量を削減する手はないかを再度検討し、削減後の使用電力をベースに料金シミュレーションをされる事がお勧めです。

 

さらに、多くの新電力では既存の自社のサービスとのセット加入で料金が安くなると言う制度を取っている事が多く、セット割りが安いからと十分に検討せずに飛びつくと自由に色々なサービスを選択で気なくなる為、後々後悔するリスクもあります。

 

こうした事のない様に、セット割りの組み合わせにより、何かのサービスの乗り換えが自由にできなくなっても良いかも慎重に考えると良いでしょう。

 

こうした基礎知識を押さえた上で、自分の地域で電力供給を行っている新電力を調べ、料金シミュレーションを行った上で、乗りかえる事が賢い消費者と言えるでしょう。